Atelier Bow-Wow
SuperHT3



[JTF会員用]和文推敲用DB



和文推敲用ツール
初めての方(初級編)
[1] このdownloadボタンをクリックし「和文チェックDB(A).HT3」をデスクトップに取り込みます。
[2] SuperHT3を起動します。
[3] SuperHT3の作業画面を開き、[ファイル]→[ファイルを開く]で、推敲する文書を読み込みます(推敲対象の文書ファイルには、Word文書(.doc)、リッチテキスト文書(.rtf)、テキスト文書(.txt)が選択できます)。
[4] ツールバーの[辞書変更]ボタンをクリックして、デスクトップにある「和文チェックDB(A).HT3」を使用する辞書として選択します。
[5] ツールバーの[用語確認]ボタンをクリックすると、チェックが始まります。
[6] チェックが終わると画面上半分に表示された推敲対象文書の、好ましい表現(標準表記)部分は水色に、間違っている表現(異表記)部分はピンク色になります。
[7] 画面下半分には、ヒット用語一覧が表示されます。間違い表現の右には「選択候補」として修正候補が表示されます。一覧表の各行の右端にある[解説表示]ボタンをクリックすすと、その用語の解説が表示されます。必要に応じて修正をしてください。
   
SuperHT3の操作に慣れていらっしゃる方(中・上級編)
[1] このdownloadボタンをクリックし、デスクトップなどにいったんダンウンロードし、解凍してください。五つのファイルになります。辞書の構成や使用法など詳細は、その中の「ReadMe200の鉄則.doc」を参照してください。二つのHT3辞書(「和文チェックDB(A).HT3」と「和文チェックDB(B).HT3」)を(¥C):¥SuperHT3:¥Dicに貼り付けておきます(推奨)。
[2] 上記[6]のチェック後、ツールバーの[辞書変更]ボタンをクリックして、「和文チェックDB(B).HT3」を使用する辞書として選択してから、再度[用語確認]チェックすると、動詞(漢字)/補助動詞(平仮名)の使い分けなどのチェック/推敲ができます(例=「彼が言うことは正しい/そういうことは避けるべきだ」「パンを下さい/お座りください」「余りは3個だ/あまりうれしくない」)。
[3] Excelで自分用のチェック用DB(SuperHT3のユーザー辞書)を作成して、チェックの範囲を発展させることができます。
   
出典
「付録3 漢字と仮名の使い分け」『説得できる文章・表現200の鉄則』(日経BP社)所収。
監修
永山嘉昭氏(ビジネスコミュニケーション研究所代表、『説得できる文章・表現200の鉄則』著者)。



index


(c) 2003-2016 Ateleir Bow-Wow All Rights Reserved.